メールウイルスチェック

サービス内容

メールの送受信時に、メールサーバ上にてウイルスチェックを行い、検出・駆除を行います。
ウイルスを検出した場合は、メールにて報告されます(受信時のみ)。

受信メールに対するウイルスチェック

駆除可能なウイルスを検出した場合

ウイルスを駆除したメールが会員に送信されます。
メールは、件名に[VirusAlert]と付加され、元のメール本文は、添付の形で配信されます。
※添付される情報の参照方法は、各メールソフトによって異なります。

駆除可能なウイルスを検出した場合

報告メールには、ウイルスチェックサービスにおいてサーバ側で行った処理などを記載しています。

■報告メール(例)

[ 件名に[VirusAlert]が表示されている場合 ]
(駆除可能なウイルスを検出した場合)


メールウイルスチェックは、お客さまへのメールにウイルスを検知しました。
当サービスによってウイルスは駆除され、メールを全て受信しました。
ウイルス情報は以下の通りです。

・感染ファイル名:xxxxxxxx
・ウイルス名:xxxxxxxx

******************************************************
【ご注意ください】
サーバからの自動配信メールとなりますので本メールからは
返信できません。
******************************************************
閉じる

駆除不可能なウイルスを検出した場合

メールは削除され、その旨報告したメールが会員に送信されます。
メールの件名は「Virus infected message detected」となります。

駆除不可能なウイルスを検出した場合

報告メールには、ウイルスチェックサービスにおいてサーバ側で行った処理などを記載しています。

■報告メール(例)

[ 件名に「Virus infected message detected」が表示されている場合 ]
(駆除不可能なウイルスを検出した場合)


The following viruses were detected in a message (MID 番号):‘ファイル名'。

Actions taken:
 Message dropped
Original Envelope Sender:
 From 送信元アドレス Mon Feb 19 00:00:00 2007
Message Headers:
 Date: Mon, 19 Feb 2007 00:00:00 +0900
 From: 送信元アドレス
 To: 送信先アドレス
 Subject:件名
 Message-Id: ・・・・
閉じる

送信メールに対するウイルスチェック

駆除可能なウイルスを検出した場合

ウイルスを駆除したメールを相手先に送信します。
送信者(会員)には、報告メールは送信されません。

駆除可能なウイルスを検出した場合

駆除不可能なウイルスを検出した場合

メールは削除され、相手先に送信されません。
送信者(会員)に報告メールは送信されません。

駆除不可能なウイルスを検出した場合

ご注意事項

  • 本サービスは、すべてのウイルスに関して、必ず検知・駆除する事を保証するものではありません。
  • メールウイルスチェックは、メール送受信時のウイルスを対象とするものです。パソコンのウイルスを検知・駆除することは出来ません。
  • メール送受信の際、弊社メールサーバをご利用でないメールにつきましては、チェック対象になりません。
  • 駆除できないウイルスを検知した場合、メールウイルスチェックにより削除されたメールの復旧はできません。
  • 本サービスは、Windows・DOS・Macintosh及びLinuxに感染するウイルスとマイクロソフト・オフィス製品のマクロ型ウイルスのうち、Windows及び、Macintoshに感染するウイルスの検知駆除に対応しています。
  • 設定完了後、設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

ご利用方法

オンライン会員サポートにログイン後、「サービス(セキュリティ設定)」欄の「確認する」を選択してください。

オンライン会員サポート

②サービス(セキュリティ設定)の「メールウイルスチェック」欄の「設定する」を選択してください。

サービス(セキュリティ設定)

③画面に従い、規約同意の上、設定を完了してください。

設定完了後、設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。